小鼻を整形するだけで大変身できます

小鼻は鼻の先の膨らんだ部分のことで、専門用語では鼻翼(びよく)と言います。小鼻が広がっていると鼻の穴が見えてしまったり、品のない顔に見えてしまいますが、整形するだけで品のある引き締まった顔に変身させることができます。顔全体に対する鼻の大きさを小さくできるので、スラリとした印象になります。これを解消する整形方法は、小鼻縮小術や鼻翼縮小術と呼ばれています。この施術方法は、小鼻の広がり具合によって3つの種類の整形方法に分けられています。大きく分けて内側法、外側法、内側法+外側法です。さらに、糸を小鼻の根元にかけて縛るプチ小鼻縮小術もあります。効果は半永久的ではないですが、整形するとどんな感じになるのかを試してみたい場合には、イメージ作りに役立ちます。

広がり具合によってベストな方法は違う

内側法、外側法、内側+外側法について、どんな場合に適しているのか見ていきます。内側法は鼻の穴の内側を切り、小鼻の部分を小さくする方法です。傷跡は鼻の穴の中だけなので目立たないですが、大きく変化させたい人には向いていません。外側法は鼻の内側から外側まで、小鼻の部分を切除してしまう方法です。小鼻が張り出して大きく広がっている人に適しています。切る部分は小鼻と頬の溝の部分なので、傷跡はあまり目立たずに済みます。内側法+外側法は、鼻の穴の形を自然に保ちつつ、効果を出したいときに適しています。ただし、切るデザインが複雑なので執刀医の腕が良くないといけないのがネックです。どの手術もクリーム麻酔と局所麻酔を併用して行います。1時間程度と手術時間も比較的短いです。

鼻のデザインは医師のセンスが問われる

鼻は顔の中心のパーツなので、この部分が崩れてしまうと顔全体がゆがんで見えてしまいます。そのため、小鼻整形を受けるときには顔全体のデザインも考えて手術してくれる医師かどうかを見極める必要があります。鼻だけ綺麗になっても、顔全体に不似合いなデザインになってしまったら整形の意味がありません。医師の腕によっては鼻の穴の大きさや小鼻の大きさが左右不対象になってしまったり、いびつな形になってしまうこともあるので注意しましょう。また、鼻翼縮小術だけではなく、鼻尖縮小術や鼻中隔延長術といった手術のほうが適している場合もあるので、そのことも含めて医師に相談しましょう。施術方法によりますが、小鼻整形の手術は30〜40万円で、内側法よりも外側法のほうが高いことが多いです。