小鼻の整形の大きな効果を紹介します

近頃はハーフタレントが大人気で、目鼻立ちがくっきりとした顔に憧れる人が増えています。なかでも顔の中心となる鼻はイメージを大きく変えるパーツなので、高くしたいと考えているケースも多く見られます。彫りが深く見えるようなメイク方法を研究したり、マッサージなどをして自力で高くできるという情報もありますが、確実なのは整形で高くする方法であり、最近では費用も時間も負担にならない施術法がたくさんあります。あと数ミリ高ければ憧れの鼻になれるのにと悩んでいる人に、美容業界で話題になっている小鼻の整形の方法とその効果を詳しく説明していきます。これから鼻の整形をしてみたいと検討している人、どのような施術法があるのか知りたい人はぜひ参考にしてみてください。

6種類の小鼻整形の種類から選ぶ

小鼻の整形方法には大きく分けて6種類のものがあります。小鼻縮小術「内側法」、小鼻縮小術「外側法」、切らない小鼻縮小術(糸や注射を用いる)、小鼻縮小術「頭側法」、小鼻挙上術、鼻孔縁挙上術です。内側法と外側法がメジャーの施術法ですが、小鼻の横幅を小さくすることで全体的なバランスを良く見せるというものです。切らない施術法はメスを入れることに抵抗がある人向けのもので、元々の鼻の形を微調整して整える効果が期待できます。残りの施術法は小鼻の縦幅を小さくするもので、鼻が大きくて他のパーツとのアンバランスに悩む人に向いています。この6種類のうち、自分の鼻の形に合った方法をきちんと選ぶためには、整形外科医とよく相談して決めることが大切になります。糸や注射のみの施術法を除いて、平均的な費用は20万円前後が必要となります。自己判断せずにまずはカウンセリングを受けることをお勧めします。

ダウンタイムの期間とセルフケア方法

施術方法によって変化しますが、施術時間は1時間弱というのが平均的であり、美容整形のなかでも比較的短時間で済ませることが出来ます。局部麻酔を行うので、麻酔が切れる頃には鼻全体や口元に違和を感じることもあります。人によっては多少腫れたりすることもありますが、いわゆるダウンタイムというものであり、施術を行えば誰にでも起こる症状なので心配しなくても大丈夫です。ダウンタイムは3日前後で症状が治まることが多く、人目が気になるようであればマスクをして隠せばストレスなく過ごせます。ダウンタイム終了後にマスクをとっても、紹介した6種類の施術法であれば傷跡などは一切残らないので、整形したことが周囲にばれる心配もありません。想像しているよりも簡単に短期間で行える小鼻整形は、鼻の形や高さに悩む人達にとって理想的な施術法であるといえます。